お問い合わせ
 
  ホーム オンラインショップ ショップ紹介 コラム リンク
HOME > COLUMN > 第23話...社員旅行は危険がいっぱい
 
過去のコラム一覧  
 

第23話  社員旅行は危険がいっぱい

 
   
私達は年に一度近場ながら皆で旅行に出掛ける。
最近では大型のマイクロバスを一台チャーターし、それに全員乗り込みまるで幼稚園の遠 足気分で、お酒を飲みながらワイワイと目的地へと向かって行くのだ。
このバスでの移動中が大変楽しい時間でもある。もちろん運転手は私であり、私自身は移 動中酒を一滴も飲まないのだが、それでも充分楽しい気分は味わう事が出来るのである。
だがそうなる以前は、それぞれ各自の車で出発し目的地で全員合流していた。
そんな頃のある日、目的地は八戸近郊のM市にある大きな温泉ホテルK温泉であった。
この前年には、皆でT町のO温泉に出掛けた折り、夜中にお腹のすいたK(二号)とAが 何を思ったかホテルの厨房に無断で入り込み、食料を物色中にホテルのスタッフに見つか りとんでもなく怒られた事があった。
(しかし、怒られながらも彼等は目的の食料をたくさん貰って来ていたのだ。たいしたも のだ。)
今年はこのような不祥事のないようにしなければならない、などと思ってはいたのだが、 いざ温泉地に到着してしまうとそんな思いは微塵もなく消え去ってしまい、やはり今を楽 しむ事が最優先になってしまうものだ。
私は温泉に到着した時点で既にその過去の忌わしい出来事は忘却の彼方であった。
そしてこの日は前回の反省からか、私が按ずる様な事は何も起きずに、皆で浴衣に着替え それぞれ自由にお風呂に浸かり、そして美味しい料理とお酒と雰囲気を思う存分に堪能さ せて貰った。
たった一日の短い時間ではあるが実に有意義な楽しいいひとときである。
翌日の朝食もバイキング形式で、豪勢では無いにしろたくさんの料理の種類があり、皆も 充分満足出来たのではと思えた。さあ、そろそろ帰る時間である。
この日、休日のスタッフや夕方出勤のまだ時間に余裕のあるスタッフもいるので、帰路は 皆バラバラでの出発となる。
私も少し時間に余裕があったので、スタッフ数名とボーリングをしてから帰る事にしたの だ。
その残る数名の中のSの車は、一足早く帰る事になった居酒屋店主Gが運転して帰って行 った。
残った皆でボーリングを楽しんだ後、車を貸出したSは私の車に便乗し二人で店へと向か ったのだ。そして無事店へと到着した私とSは、前方に見える店の駐車場がやや混んでい たので、その駐車場の入り口の車道に車を一時止めたのだ。

その止めた瞬間だった。

先に到着していたSの車が、私達の停車している車の左側面めがけて走って来るではない か!
その車にはスタッフのTOが乗っているのが見え、TOも私達をしっかりと確認している 。が、良く見ると、
TOはハンドルから両手が離れていて、しかも顔の表情が尋常ではないのだ。
だが、まさか突っ込んでは来ないだろうと思っていた私とSには油断があった。
それは、まるでスローモーションの映像を見ているがごとくにゆっくりと、そして激しく 突っ込んで来たのだった。
助手席側のSにとっては、自分の車が自分めがけて突進して来たのである。
この衝突した瞬間をリアルに体感した私とSは、あまりの衝撃的な体験になぜだか笑いが 込み上げ、この車内でふたり顔を見合わせ笑っていたのであった。
私の車の左側面、Sの車はバンパーからフロント全面が見事に大破していた。
Sの車を運転していたTOは体が震え、とてもその車から降りて来られる状態ではなかっ た。
TOは自分の車を駐車場から移動する為にはSの車が邪魔な事を知り、先に移動しようと Sの車に乗ったらしいのだ。だが、常時乗っている車はオートマであり、Sの車はマニュ アルだった。
ギアがローに入ったままクラッチも切らずにエンジンキーをオンにしてしまい、エンジン が始動したと同時に車はかってに走り出してしまったのだった。
さぞ驚いた事だろうが、全くの注意不足である。
そして大事な事なのだが良く考えてみると、私達の車がその瞬間、その位置に停車してい なければ、ともすれば幹線道路にそのまま飛び出して大惨事になっていた筈だ。
現にここは交通量の多い道路であり、間違い無く数台の車と衝突し、その他の車なども玉 突き事故が発生する事は免れなかったと思う。
それを考えると鳥肌物でTOは私達のブロックのおかげで九死に一生を得たのであった。
被害者のSはその半年後に、車のボンネットがへの字である状態に堪え兼ねとうとう車を 買い替えた。
私の車はと言えば左側ドアが大きくへこみ、勿論開閉などは出来ず、挙句にドアと車体の 隙間から雨漏りする状態のままなのだが、愛着があり暫く乗り続けていたのである。
そしてあの時、私達の車を2台も大破させたTOは、
「まぁしょうがね~な?」
と当時私達が言った言葉をどう捕えたかは解らないが、修理と言う概念が全く見受けられ ずに、そのまま曖昧になった状態で現在に至り、時々自分の車は軽く擦っただけでも修理 に出しては、

「車の修理ってお金かかるよね~!」

などとたびたび戯言を言っているのである。
頭の中の構造や行動が、凡人の私には全く理解出来ない人物のひとりである。

※私はこの後三年間この不遇の車に乗り続けたのだが、あまりの雨漏りによる車内の悪臭 に堪え兼ね2005年夏にとうとう買い替えたのであった。

 
   
    PAGE TOP ↑
オンラインショップ ご利用案内 特定商取引法表示 お問い合わせ  
 
copyright (c) T-bird 2009Allrightsreserved